JAIFA概要

生命保険事業の先進国であるアメリカでは、生命保険営業職員に対する社会的評価はわが国とは比較にならぬほど高く、その役割の重要性については広く一般に理解されています。
もちろん、これは生命保険事業をとりまく各国の事情の違いにもありますが、全米生命保険外務員協会(NALU:National Association of Life Underwriters/現NAIFA:National Association of Insurance and Financial Advisors)の活躍が重要な鍵を握っています。

この団体は、会員の相互啓発による生命保険営業職員の社会的地位の向上を目指して1890年にアメリカで設立された団体ですが、営業職員の会員加入率も高く、広くアメリカ全土にわたり地道な活動が100年にわたり継続されてきました。

JAIFAはこのNALUをモデルとして誕生し、生命保険営業職員の社会的地位を向上させ生命保険の健全な普及を図ることを目的としました。
営業の第一線で活躍する生命保険営業職員が、 自らの向上を目指して自身の力で立ち上がろうと昭和37年9月1日「全日本生命保険外務員協会」が先輩有志によって設立されました。

平成14年5月31日には当協会の業務をより適切にするため「社団法人 生命保険ファイナンシャルアドバイザー協会」(JAIFA)と名称を変更致しました。
したがって、現在では全国の生命保険募集人をカバーし得るまさに全国組織の団体であります。

また、平成24年4月1日には、公益社団法人として内閣府の認定を受け、公益的役割を担う生命保険事業の健全な発展と、広く社会に貢献することを目的に活動をしています。

目的 【定款第2章 第3条】

本会は、社会保障を補完し、相互扶助の精神に基づいた公益的役割を担う生命保険の知識の向上と一般消費者の利益保護を図り、国民生活を守るため、公正・適正な業務の運営を行い、生命保険事業の健全な発展に寄与するとともに広く社会に貢献するための活動を行うことを目的とする。

行動規範

  • 生命保険の公益的役割と崇高なる使命を認識し、誇りと自信をもってその効用を社会一般の公衆に普及する。
  • 公益事業としての生命保険普及とともに広く社会に貢献するための活動を推進する。
  • 上記目的達成のため生命保険募集人の教養人格と技能向上のため、相互に切磋琢磨し、自己研鑽に努める。

倫理規範

  • 会員は本協会の設立目的に従い、広く公益実現に貢献すべき責務を負っていることを認識し、社会の期待に応える運営にあたらなければならない。
  • 会員は関連法令,協会の定款及び諸規定を遵守し、目的達成に協力しなければならない。
  • 「反社会的勢力への対応指針」に基づき、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力との関係・遮断を徹底する。
  • 会員は常に公正な生命保険普及活動を行うと共に、故意に他人の活動を妨げる行為をしてはならない。
  • 会員は所属する団体及び当協会の行うすべての行事については努めて出席しなければならない。

アクセス

住所
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1-13-5日本橋貝新N・Yビル6階
電話
03-3241-6633(代表)
FAX
03-3241-0314
アクセス
総武快速線新日本橋駅、地下鉄銀座線・半蔵門線三越前駅
[A4]口から徒歩1分 ビルの一階は『佃煮老舗 日本橋貝新』です。

ページトップへ

このサイトでは、アニメーションや動画、PDFなどを使用したコンテンツをご用意しております。
コンテンツを再生、表示いただくためには、次のプラグインをインストールしてください。
また、より便利にご利用いただくためJavaScriptを使用しています。
ご利用の際にはブラウザ設定でJavaScriptを有効にしていただきますようお願いいたします。

Adobe Flash Player(無料)をダウンロードAdobe Reader(無料)をダウンロード