セミナー大阪協会主催

2019年10月7日(月)

秋の研修会

皆様のご参加をお待ちしております

【日   時】

  令和元年10月7日(月)

  12:00~ 受付開始

 

【会   場】

  ヒルトン大阪 5階「桜の間」

 

【会   費】

  JAIFA会員:1,000円(事前申し込み) 

  一般・非会員:5,000円(当日販売)

 

【講師紹介】

  第1部講演会:『夢持ち続け日々精進』

     講 師:髙田 明 氏

 

  第2部講演会:『悲しみを乗り越える歌声~ウクライナと日本の架け橋になる』

     講 師:ナターシャ・グジー 氏

 

【お問い合わせ】

  JAIFA大阪協会 06-6208-3325

 

  ※席に限りがありますので立ち見も予想されます。早めにお越しください。

地図>>
詳しくはこちら>>

『夢持ち続け日々精進』

講師:髙田 明 氏

1948年長崎県生まれ。大阪経済大学卒業後、機械製造メーカーへ就職し通訳として海外駐在を経験。
1974年に父親が経営するカメラ店へ入社。1986年に「(株)たかた」として分離独立。
1990年にラジオでショッピングを行ったのを機に全国へネットワークを広げ、その後テレビ、チラシ、カタログなどの紙媒体、インターネットや携帯サイトなどでの通販事業を展開。
1999年に「(株)ジャパネットたかた」へ社名変更。
2012年には新たな拠点として東京にオフィスを開設する。
2015年1月に「(株)ジャパネットたかた」の代表取締役を退任し、同時に「(株)A and Live」を設立。
2017年4月、プロサッカークラブ「(株)V・ファーレン長崎」の代表取締役に就任。
「(株)A and Live」社名の由来:今を生き生きと生きる世の中にしたいという想いから。

『悲しみを乗り越える歌声~ウクライナと日本の架け橋になる』

講師:ナターシャ・グジー氏

ウクライナ生まれ。ナターシャ6歳のとき、1986年4月26日未明に父親が勤務していたチェルノブイリ原発で爆発事故が発生し、原発からわずか3.5キロで被曝した。
その後、避難生活で各地を転々とし、キエフ市に移住する。
ウクライナの民族楽器バンドゥーラの音色に魅せられ、8歳の頃より音楽学校で専門課程に学ぶ。
1996年・98年救援団体の招きで民族音楽団のメンバーとして2度来日し、全国で救援公演を行う。
2000年より日本語学校で学びながら日本での本格的な音楽活動を開始。
その美しく透明な水晶の歌声と哀愁を帯びたバンドゥーラの可憐な響きは、日本で多くの人々を魅了している。

2005年7月、ウクライナ大統領訪日の際、首相官邸での夕食会に招待され、演奏を披露。
2016年7月、これまでの活動が評価され、外務大臣表彰を受ける。
コンサート、ライブ活動に加え、音楽教室、学校での国際理解教室やテレビ・ラジオなど多方面で活躍しており、その活動は教科書にも取り上げられている。


ページトップへ

このサイトでは、アニメーションや動画、PDFなどを使用したコンテンツをご用意しております。
コンテンツを再生、表示いただくためには、次のプラグインをインストールしてください。
また、より便利にご利用いただくためJavaScriptを使用しています。
ご利用の際にはブラウザ設定でJavaScriptを有効にしていただきますようお願いいたします。

Adobe Flash Player(無料)をダウンロードAdobe Reader(無料)をダウンロード