JAIFAはお客様のために常に学び奉仕を続けるプロ集団です

セミナー・催し物・行事カレンダー

JAIFAでは暮らし・マネー術など、人生に役立つ催し物・行事・セミナーを開催しています。一般の方も参加いただくことができます。詳しくは各案内をご覧ください。
一覧を見る

セミナー・催し物・行事内容

予定されているセミナー・催し物・行事はありません。

トピックス

2020.6.1

お知らせ

 

■石井理事長からのメッセージ 

今般の緊急事態宣言の経過を受けまして、石井理事長からメッセージをお預かりしました。 

「理事長メッセージ」はこちらからご覧ください。 

広く役員の皆様、会員の皆様等へお伝えいただきたくお願い致します。

 

◆本部事務局について 

6月1日(月)より、事務所での勤務へ切り替えさせて頂きます。 

しかしながら、緩和措置や3密を避ける対応も併せて行ってまいりますため、 

職員出退勤の都合から、引続きご不便をおかけすることがあるかもしれませんので、 

ご了承頂きますようよろしくお願い致します。

 

●本部事務局下記時間帯が留守電になりました際は、折返しのご連絡とさせて頂く場合 

がありますので、ご了承ください。 9301730

 

●緊急の場合は、下記連絡先へお願い致します。 

   E-mail: jaifa2020@gmail.com

 

 

2020.5.26

お知らせ

『緊急事態宣言』解除を受けての本部事務局の対応につきまして

 

「新型コロナウイルス」感染防止に伴う『緊急事態宣言』解除の発令を受けまして、下記の通り対応させて頂きますのでお知らせ致します。

 

◆本部事務局

6月1日(月)より、事務所勤務に戻させていただく予定です。 

しかしながら、緩和措置や3密を避ける対応も併せて行って参りますので、ご不便をおかけすることがあるかもしれませんので、ご理解ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 

●今週内の連絡先は、引き続き下記メールアドレスへお願いいたします。
 E-mail: jaifa2020@gmail.com

 

「緊急事態宣言」は解除されましたが、引き続き「新型コロナウイルス」感染防止には十分ご留意下さい。 

 

  

2020.5.7

お知らせ(継続)
『緊急事態宣言』延長発令に伴う本部事務局の対応について

  

標記の件につきましては、報道されていますとおり、「新型コロナウイルス」感染防止に伴い、『緊急事態宣言』の延長が発令されたことを受けまして、引続き下記の通り対応させて頂きますのでお知らせ致します。

ご理解ご協力をよろしくお願い致します。


◆本部事務局
職員は、在宅勤務にて引続き対応させて頂きます。
予定期間は、緊急事態宣言解除までです。

この期間の連絡先は下記メールアドレスへお願い致します。
E-mail: jaifa2020@gmail.com

 

ご不便をおかけいたしますが、なにとぞよろしくお願い申し上げます。

感染拡大防止のため自粛対応されていますが、全国各地域の皆様におかれましては、引続き十分ご留意頂きますようお願い致します。

 

2020.4.7

お知らせ
『緊急事態宣言』の発令に伴う本部事務局の対応について

  

標記の件につきましては、報道されていますとおり、「新型コロナウイルス」感染防止に伴い、『緊急事態宣言』が発令されたことを受けまして、下記の通り対応させて頂きますのでお知らせ致します。

ご理解ご協力をよろしくお願い致します。


◆本部事務局
職員は、在宅勤務に切り替えさせて頂きます。
予定期間は、緊急事態宣言発令の約1か月
(4月8日より5月6日迄)です。

この期間の連絡先は下記メールアドレスへお願い致します。
E-mail: jaifa2020@gmail.com

 

ご不便をおかけいたしますが、なにとぞよろしくお願い申し上げます。

 

「緊急事態宣言」が発令されていない地域の皆様におかけましても、十分ご留意頂きますようお願い致します。

 

2020.3.11

緊急連絡 

「2020JAIFA年次大会in静岡」 

5月29日の開催中止と延期措置・登録料返金についてのお知らせ 

~「新型コロナウイルス」感染対策として~ 

 

標記の件につきましては、内閣府 大臣官房 公益法人行政担当室を通じて、新型コロナウイルス感染症対策に関する連絡と協力を受けたほか、現在までに新型コロナウイルスが全国的に拡大傾向にありますことを鑑みて、5月29日の大会開催を中止致します。  

詳しくはこちらをご確認ください。 

  

ご参加を楽しみにされていた皆様には、ご迷惑ご心配をおかけし誠に申し訳ございません。

また、全国の参加者をおもてなしの心でお迎えするための準備を進めて下さっていた静岡県の皆様に厚く御礼申し上げます。

加えて、公益法人として会員のみならず一般市民でご参加頂く皆様の安全も考慮した判断であります。

なにとぞご理解とご協力をお願い申し上げます。

 

 

2020.2.26

 

ブロック、地方協会の皆様へ


「新型コロナウイルス」による行事等への対応について

 

標記の件につきましては、連日報道されていますとおり、全国各地へ拡散傾向にあります。

このような中、各地で感染拡大防止の観点から、セミナー・会議など人が多く集まる諸行事の開催が中止される状況が発生してきております。
つきましては、JAIFAとしましても、当面下記の措置を講じることに致しますので、お含みおきいただき、ブロック、地方協会での徹底と対応をお願い致します。

 

新型コロナウイルスによる行事等への対応
①3月末までの講演会・セミナー等の開催を原則中止とする。
②懇親会など飲食の伴う集まりも原則中止とする。
③幹事会や委員会の開催は、各地方協会の判断によって、最小限にとどめることや持回りにて対応する。

 

※生命保険各社とも、社内会議の中止や外部会議への出席自粛などの対応が見られます。

よって、JAIFA行事への出席は、会員のみならず、運営側である幹事の出席も難しくなることも考えられます。
特に、公益事業開催として、一般消費者の方の出席を予定 している場合は、十分な対策対応が望まれます。ブロック、地方協会におかれましては、事情を十分考慮してご対応いただきますよう重ねてお願い致します。

 
※ブロック、地方協会は、上記期間中の予定に影響が出ました行事内容につきましても行事開催記録に残しますため本部事務局へご連絡いただきたくお願い致します。
※4月以降につきましては、今後の動向を見て改めて判断することと致します。
※ご不明な点は、本部事務局へご一報ください。

 

★2020JAIFA年次大会in静岡の開催につきましては、
 現時点では実施の方向で進めております。

 

2019.12.27

年末年始休業のお知らせ

令和元年12月28日(土)~令和2年1月5日(日)まで年末年始休業とさせていただきます。

1月6日(月)より通常業務となります。

ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

  

 

 

2019.11.1

社会奉仕委員会からお知らせ 

 

ご推薦ください! JAIFA社会貢献顕彰!! 

  「~2020年JAIFA年次大会in静岡表彰に向けて~」   

 

平成23年度から開始された「社会貢献顕彰制度」は、地方協会で独自に実施している社会貢献事業において、地域の特色を活かした活動を通じ住民の皆さまに広く喜ばれ、新聞に掲載されるなど、JAIFA活動に大きく貢献している協会や個人を表彰する制度として、事業年度ごとにJAIFA年次大会で表彰を行ってまいりました。 

本年度も会員一人ひとりが社会貢献活動への関心を深め、より積極的な活動に繋がるよう、十分な選定を検討したいと考えております。  

そこで、2020年JAIFA年次大会in 静岡に向けて、 受賞候補者の推薦アンケートを募集いたします。 

あなたの近くにいる継続して社会貢献を行っている功労者(個人・団体)の推薦をお願いします!!  

 

アンケートご回答期限:令和元年12月 5日(木)必着  

 

◎詳しくはアンケート用紙をご覧下さい。  

ダウンロードはこちら


2019.11.1

 

 

社会奉仕委員会からお知らせ 

 

  「カード類、メガネ、タオル等の収集」へご協力のお願い!! 

 

社会奉仕委員会では、令和2年度へ続く社会貢献活動事業の一環として、「カード類」、「使用しなくなったメガネ」、「未使用のタオル」について、2020年5月29日に静岡で開催する年次大会に向けて収集活動を展開して参ります。 

全国の皆様のご協力をお願い致します!! 

 

収集期間 令和元年11月1日~令和2年5月29日   

 

 <回収方法>   

カード類、メガネ、タオル等は、2020年5月29日の静岡年次大会会場へご持参いただくか、地方協会内でまとめて収集下さい。  

※カード類は有価証券のため、現金と同様に扱って下さい。  

詳しくはこちら  

 

<問合せ先>   

〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1-13-5日本橋貝新N.Y.ビル6階  

JAIFA本部事務局  TEL(0332416633

 

2019.10.15

 

台風19号による災害へのお見舞いと被災地初動支援について

 

台風第19号は、過去最強という予報どおり、各地で河川の氾濫や土砂崩れが発生するなど甚大な災害を及ぼしました。 

被災された皆様には、謹んで心よりお見舞い申し上げます。 

避難生活を余儀なくされている皆様におかれましては、ご体調に十分ご留意頂き、 二次災害等の無きよう、くれぐれも安全第一にご対応されてください。 

ハートフルファンデーション委員会では、 既に、被災に遭われました地域のハートフル・コーディネーター及び地方協会長と連携し緊急支援要請に対応させて頂いております。 

現在、特別警報が発令された地方協会へ順次電話連絡をさせて頂きながら、 被災地域からの要請(例えば、飲料水の不足、避難所にて使用する日用品が不足している・・・など)を受けまして、初動支援体制をとっていただくように進めております。  

こののちも、支援の要請がありましたら、 ハートフル・コーディネーターと地方協会長にご相談のうえ本部事務局宛にご連絡をいただき、ますようお願い致します。 

台風通過後も、被災地域には降雨があり、再度増水するなど、まだまだ混乱の状況下にあるかとは思いますが、 趣旨ご理解のうえ、被災地の皆さまへご協力を頂きますようお願い致します。 

 

まずは取り急ぎお見舞い方々ご連絡を申し上げます。


ハートフルファンデーション委員会 

※『ハートフルファンデーション』とは。
 JAIFA38,876名の全会員によって設けられている基金です。
 突発的災害等が発生した場合に、被災地域の地方協会と連携をとり、迅速な支援活動ができるようにしています。
 万一の災害の際には、身近なところからの情報をもとに「初期支援活動」を行うとともに、その後の状況に応じて必要となる取り組みを進めています。
 

 

 

2019.8.8

ハートフルファンデーション委員会よりお知らせ 

 「東日本大震災への支援」として、8月11日(日)~18日(日)NPO法人 日本ホスピタル・クラウン協会が被災地(宮城県・岩手県)に笑いを届けるため「小さなテントサーカス」を開催致します。

ハートフルファンデーションとして協賛することを決定し、少しでも被災地のお役に立つことができればと思っております。

テントサーカスはどなたでも観覧無料ですので、お近くの方は是非ご観覧下さい。

 

【テントサーカス開催日程】

8/11(日)10:00~ 石巻総合運動公園仮設住宅

 

8/12(月)11:00~ アバッセ高田  詳細はこちら

     15:00~ 気仙沼 旭ヶ丘学園

 

8/13(火)11:00~ 大船渡 キャッセンモール&パティオ 千年広場  詳細はこちら

 

8/14(水)11:00~ 大槌 おしゃっち(文化交流センター)  詳細はこちら

      14:00~ 気仙沼児童センター

      15:00~ 石巻 鹿妻南コミュニティーハウス

 

8/15(水)11:00~ 石巻市新蛇田 のぞみ野北公園

 

8/16(金)10:00~ 福室市民センター   詳細はこちら

     14:00~ 登米 柳津虚空蔵尊  詳細はこちら

 

8/17(土)10:30~ 仙台・若林町  詳細はこちら

     15:00~ 仙台 旧東六郷小学校校庭

 

8/18(日)10:00~ 田子西こだま町内会  詳細はこちら

 

※下線のひいてある会場はチラシがございますので添付いたします。

チラシのない会場は開催場所を確認のうえご対応願います。

 

※NPO法人ホスピタル・クラウン協会とは

普段は闘病中の子どもたちに対し笑顔を届ける活動をしています。

小児病棟に入院し、闘病している子どもたちに笑顔を届けるため全国で130名のホスピタル・クラウンが活動し、全国94の定期訪問病院で、約3万名の子どもたちに笑顔を届けています。

震災直後には避難所を定期的に訪問し避難所が閉鎖され仮設住宅に移住が続き閉塞感で絆が失われそうな被災地の皆さまに笑ってもらえるよう被災地にて「テントサーカス」を開催しています。


 

2019.7.29

ハートフルファンデーション活動報告

 ◆平成30年度贈呈先報告
昨年度に引続き「未来ある子どもたち」に焦点をあて、難病と闘う子どもたち及びその家族を継続的に支援する活動を推進し、

子どもたちが安心して治療に専念できるよう平成30年度も継続して下記3団体に合計500万円支援させていただきました。

 
贈呈先
①公益財団法人 ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン
②公益財団法人 メイク・ア・ウイッシュ オブ ジャパン
③NPO法人 日本ホスピタル・クラウン協会

これからも子どもたちの笑顔につながる、JAIFAらしい支援を継続していきたいと考えておりますので、ご協力よろしくお願い致します。

年次大会にて挙行した贈呈式(3団体)

 

◆LEDバッジによる募金活動報告
去る5月31日に開催された「2019JAIFA年次大会in長野」において、「長野県内の子ども達の健やかな成長」を願う目的とした募金活動(1,000円以上の協力をいただいた方へLEDバッジを差し上げる)を行いました。
実施の結果、3,186,302円が集まり、LEDバッジ制作費を差引いた、2,300,702円の募金を、長野県知事並びに長野市長へ目録贈呈を大会席上にて行いました。
たくさんの皆様のご協力まことありがとうございました。

       

年次大会にて挙行した贈呈式

 

以上ご報告致します。

JAIFAハートフルファンデーション委員会

 

社会奉仕委員会 活動報告

「タッチエコ!」をスローガンとして地球にやさしいエコ活動へ積極的に取り組んでいる中、年次大会や各地方協会での行事の際、

使用しなくなったメガネ、未使用のテレホンカード、タオル、ハガキ・切手類の収集活動を行っています。

去る5 月31 日に行われました「2019JAIFA 年次大会in長野」では、多くの皆様にご協力いただきまして、下記の品が集まりました。ご協力ありがとうございました。

タオル類 8,825枚、メガネ405本、ハガキ・切手891枚、カード類45枚が集まりました。

ハガキ・切手、カード類、タオルは、JAIFA長野県協会から長野市社会福祉協議会を通じ、同地区の福祉施設等への支援に役立たせていただきました。
メガネは、1998 年から毎年ネパールの無医村で「眼科医療とメガネの無償提供活動」を行っている岩手県にある「メガネの松田」へ提供させていただきました。

これからも引き続き、社会奉仕活動へのご理解・ご協力をよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

JAIFA社会奉仕委員会

 

                  

 

2019.5.29

5月30日定時総会、5月31日2019JAIFA年次大会in長野のため、本部事務局は不在となります。

6月3日より通常業務となります。

 

2019.5.24

2019JAIFA年次大会in長野にご参加予定の皆さまへ 

乗用車・バス等の駐車場に関する[重要]]なお知らせです。 

 

はじめに、本大会の開催規模は、年次大会7,000名、ディナーパーティ1,330名になりました。 

混雑が予想されますので、早めのご到着をお勧め致します。 

 

さて、大会会場となります「ビッグハット」は、本大会開催規模の拡大等に伴い、 

屋外設備等を設けていますため、同敷地内では駐車場のご用意が一切できません。 

 

これに伴い、下記の通りご対応いただくことになりますのでお知らせ致します。 

 

◆乗用車は「ビッグハット大駐車場」を利用下さい。 

 

◆観光バスなどの大型車は、「ホワイトリング/真島臨時駐車場」を利用下さい。 

 (乗降のみ、ビッグハット指定位置で可能です。) 

 

◆特に、乗用車の皆さまは、「ビッグハット」まで来られましても、駐車場の用意は出来ません。 

  周辺渋滞などで思わぬ時間を要してしまう可能性がありますので、 ご来場時は「ビッグハット大駐車場」を目指してお越し下さい。 

 (万一、駐車場が満車になりました際は、長野駅周辺有料駐車場[自己負担]をご利用下さい。 

 

◆パーティご参加の皆さまには、ホテル周辺も駐車場が限られております。 

 特に観光バスは駐車できませんことをお含み置きいただきたくお願い致します。 

 

★★皆様さまのご理解とご協力をお願い致します。★★ 

 

お願い/参加される方のために、本情報をシェアいただければ幸いです。 

 

詳しくはこちらを必ずご確認ください。

 

2019JAIFA年次大会in長野実行委員会 

 

 

 

2019.4.26

本日、平成最後の平日金曜日が終わろうとしています。 

さて、ご案内をして参りまいりました「2019JAIFA年次大会in長野」は、本日締切日を迎えました。 

大会規模6,000名に対しまして、6,700名近い参加申込みを頂いております。 
よって、定員を超える状況になりましたので、予定通り締切とさせて頂きます。
たくさんのお申込みありがとうございました。
なお、この後のお申込みはお受けできませんのでご了承ください。 

※また、ホームページ内からのお申込方法のご案内がありますが、併せて終了とさせていただきましたのでご了承下さい。  

大会まで、あと1ヶ月あまり。令和の時代初の大会をご参加の皆さまと共に楽しみに迎えたいと思います。  

取り急ぎ締切のお知らせとさせて頂きます。

 

    2019JAIFA年次大会in長野実行委員会
                   実行委員会一同
 

 

※本年は、大会規模が大きくなっております。
 当日のご来場は、時間に余裕を持ってお越しいただきますようご計画をお願い致します。
 また、周辺道路の混雑も予想されますので、併せてお含みおきください。
 

 

 

2019.02.22.

北海道で発生した地震について 

  

昨日午後9時22分ごろ、胆振地方中東部を震源とする地震が発生し、厚真町で震度6弱が観測されました。 

被災地の皆さまには、まずもって心よりお見舞い申し上げます。 

  

気象庁の発表では、昨年9月6日に震度7を観測した胆振東部地震の一連の活動によるものと分析した上で、地震活動は当分続くとの見解が示されております。 

被災地の皆さまにおかれましては、ご不安が続きますが、余震等に十分注意していただき、くれぐれも安全を最優先されて下さい。   

ハートフルファンデーション委員会では、引続き、札幌協会・苫小牧協会のハートフルコーディネーター及び地方協会長と連絡をとり、支援体制をとっていくことで連携をはじめております。   

  

ハートフルファンデーション委員会 

  

『ハートフルファンデーション』とは。 

  JAIFA3万8,476名の全会員によって設けられている基金です。 

  突発的災害等が発生した場合に、被災地域の地方協会と連携をとり、迅速な支援活動ができるようにしています。 

  万一の災害の際には、身近なところからの情報をもとに「初期支援活動」を行うとともに、その後の状況に応じて必要となる取り組みを進めています。 

  

 

2019.02.01

 

2019JAIFA年次大会in長野参加申込を開始します!! 

 

開催概要は下記のとおりです。
大会実行委員会では、全国からのご参加の皆様をお迎えするため準備に余念がありません。
特に、本大会は、会員のみならず、一般市民の皆様にもご参加頂くことができますので、お気軽にお申込みいただきたいとお願い致します。
(
併まして、ぜひ大会情報を広めて頂きたくお願い致します。)
本大会は、6,000名を予定しています。
詳しくは、添付ホームページからご覧いただくことができます。 

 

2019JAIFA年次大会in長野
日:531日(金)
大  :12:30~17:00 「ビッグハット」
パーティ:18:15~20:00 「ホテル国際21 

 

詳細はこちら

 

追伸:
地方協会を通じて全国でのポスター掲示を開始しています。
会員の皆様へは、『Present』誌2月号24ページより「大会案内パンフレット」(参加申込書付)をご案内しております。
(昨年より、別冊にはしておりません。なお、パンフレットは、ホームページからプリントすることも可能です。) 

ご参加お申込の締切は4月26日(金)です。 

本年度も参加希望の声が例年より早くなっております。一昨年は締切り前にチケットは完売となりました。
ご手配はお早めにされることをお勧めします。 

また、交通や宿泊についても早めのご手配をお勧めいたします。地方協会毎にツアープランを実施する協会もありますので、お近くの自社幹事または地方協会事務局へご確認下さい。 

それでは、長野の地でお会いしましょう!! 

 
JAIFA企画部会・年次大会実行委員会 

 

 

2019.1.31

社会奉仕委員会からお知らせ 

  

ご推薦ください! JAIFA社会貢献顕彰!! 

  「~2019年JAIFA年次大会in長野表彰に向けて~」   

  

2011年度から開始されたJAIFA「社会貢献顕彰制度」は、JAIFA地方協会で独自に 実施している 社会貢献事業において、

地域の特色を活かした活動を通じ住民の皆さまに広く喜ばれ、新聞に掲載されるなど、JAIFA活動に大きく貢献している協会や個人を表彰する制度として、事業年度ごとにJAIFA年次大会で表彰を行ってまいりました。  

本年度も会員一人ひとりが社会貢献活動への関心を深め、より積極的な活動に繋がるよう、十分な選定を検討したいと考えております。  

そこで、2019年 JAIFA年次大会in 長野に向けて、 受賞候補者の推薦アンケートを募集いたします。 

あなたの近くにいる継続して社会貢献を行っている功労者(個人・団体)の 推薦をお願いします!!  

 詳しくはこちらをご覧ください。

 

アンケートご回答期限:平成31年 2月28日必着  

 

 

2018/12/28

 

お知らせ
12月29日(土)より1月3日(木)まで年末年始休業となります。
1月4日(金)より業務開始となります。

 

 

2018/11/8

◆「北海道胆振東部地震」について支援経過のご報告

9月6日に発生しました「北海道胆振東部地震」にて、被害に遭われました皆様へ改めてお見舞い申し上げます。

委員会では、札幌協会・苫小牧協会のハートフル・コーディネーター及び地方協会長と連携をとり、

両協会へ初動支援金として20万円、苫小牧協会からの追加支援要請により約13万円を送金し、支援を行っています。

 

 「苫小牧協会」・・・・勇払郡むかわ町「むかわ役場」、勇払郡厚真町「厚真役場」と連携をとり、電池、洗剤、サランラップ、消臭剤、ポリ袋等を購入し、支援した。

また、追加支援として、勇払郡安平町「安平役場」と連携をとり、安平町内にある2箇所の避難所に4台ずつ、計8台の空気清浄器を支援した。

 

まだまだ復旧にかかる支援が必要となると思いますので、今後も現地の皆様と連携を取りながらJAIFAらしい支援を続けていきます。

被災地域の皆様におかれましては、引続き安全を第一にされていただきたいと存じます。

取急ぎ現況をご報告いたします。

 

ハートフルファンデーション委員会

 

2018/11/1

★JAIFA学習帖サイトがオープンしました!!

保険についての知識やお役立ち情報習得を通しての、お客様へのさらなる貢献を目指し、「JAIFA学習帖」サイトがオープンしました。

充実したコンテンツで得られる学びが、スキルアップにつながります。

スマホ・PCからの簡単登録で開始できますので、ぜひご利用ください。

詳しくはこちら

 

2018/11/1

★社会奉仕委員会からお知らせ★
 
「カード類、メガネ、タオル等の収集へご協力のお願い!!」

社会奉仕委員会では、平成31年度へ続く社会貢献活動事業の一環として、「カード類」、「使用しなくなったメガネ」、「未使用のタオル」について、 2019年5月31日に長野で開催する年次大会に向けて収集活動を展開して参ります。
 
全国の皆様のご協力をお願い致します!!
 
 
収集期間 平成30年11月1日~平成31年5月31日
 
 
<回収方法>

カード類、メガネ、タオルは、2019年5月31日の長野年次大会会場へご持参下さい。

※カード類は有価証券のため、現金と同様に扱って下さい。

 

詳しくはこちらをご確認ください

  

<問合せ先>
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1-13-5日本橋貝新N.Y.ビル6階

JAIFA本部事務局  TEL(03)3241-6633

 

2018.9.06

北海道地震による被害について  

 

本日午前3 時ごろ、北海道で震度6 強を観測する地震があり、震源に近い厚真町では大規模な土砂崩れが発生し、安否不明者が出ております。

また、広範囲に被害が及んでおります。
被災地の皆さまには、まずもって心よりお見舞い申し上げます。

ハートフルファンデーションでは、札幌協会・苫小牧協会のハートフルコーディネーター及び地方協会長と連携をとり、両協会へ初動支援金を送金し、すぐに支援できる体制をとっていくことで連携をはじめております。

被災地の皆さまにおかれましては、余震等に注意していただき、くれぐれも安全を最優先されて下さい。

まずは取り急ぎご報告させていただきます。

 

ハートフルファンデーション委員会

 

  

  
2018.7.30

◆「平成307月豪雨」について支援経過のご報告 

 

西日本を中心に広い範囲で記録された台風7号および梅雨前線等の影響による集中豪雨にて、

被害に遭われました皆様へ改めてお見舞い申し上げます。


委員会は、特別警報発令地域を中心に、電話連絡に加えて被災地域22協会のハートフル・コーディネーター及び地方協会長あてに「初動支援のご連絡」文書を発信し、情報収集及び初動支援を行えるよう連携体制をとりました。


現在までに、下記6協会へ初動支援20万円の合計120万円を振込み、各地方協会を通じて支援を進めています。


 「広島協会」・・・・土嚢袋・飲料水等を購入し被災地へ配布した。 

 「福山協会」・・・・支援側であるボランティアスタッフの飲料水を支援した。 

 「岡山県協会」・・・日用品を中心に支援した。 

 「愛媛県協会」・・・大判ウエットティッシュを購入し被災地へ配布した。 

 「山口県協会」・・・支援側であるボランティアスタッフの飲料水・菓子パン等の不足に対する対応を行った。 

                                    また、熱中症対策用にスポットクーラー、業務用扇風機をボランティアスタッフ控室に設置した。 

 「福岡協会」・・・・浸水場所の洗浄用として水圧洗浄機を購入した。 

 

このように、ハートフル・コーディネーターや地方協会会長を中心として、災害直後 から被害状況を確認し、スピーディな支援をすることができ、現地でも大変喜ばれています。  

これも、会員一人ひとりからの基金が存在することで、迅速で細やかな独自の支援活動を行うことができる体制が確立しているからでもあります。

まだまだ復旧にかかる支援が必要となると思いますので、今後も現地の皆様と連携を取りながらJAIFAらしい支援を続けていきます。 

  

被災地域の皆様におかれましては、引続き安全を第一にされて頂きたいと存じます。

 取急ぎ現況をご報告致します。 

 

  ハートフルファンデーション委員会 

 

 

2018.7.12

社会奉仕委員会活動報告

「タッチ エコ!」をスローガンとして、地球にやさしいエコ活動へ積極的に取り組んでいる中、年次大会や各地方協会での行事の際、使用しなくなったメガネ、未使用のテレホンカード、タオル、ハガキ・切手類の収集活動を行っています。

 

去る6 月1 日に行われた、「2018JAIFA 年次大会in 函館」におきましては、多くの皆様にご協力いただきまして、下記の品が集まりました。ご協力ありがとうございました。

タオル類 6,694枚、メガネ758本、ハガキ・切手1,482枚、カード類81枚が集まりました。

ハガキ・切手、カード類、タオルは、JAIFA 函館協会から社会福祉協議会を通じ、函館地区・渡島地区・檜山地区の福祉施設等への支援に役立たせていただきました。

メガネは、1998 年から毎年ネパールの無医村で「眼科医療とメガネの無償提供活動」を行っている、岩手県にある「メガネの松田」へ提供させていただいております。

今回の寄贈で、タオルは累計39,563枚となり、メガネは累計2,778本となりました。

 

これからも引き続き、社会奉仕活動へのご理解・ご協力をよろしくお願いいたします。

 

JAIFA社会奉仕委員会

 

ハートフルファンデーション活動報告

◆平成29年度贈呈報告

ハートフルファンデーションを更に飛躍させたいとの想いから「未来ある子どもたち」に焦点をあて、難病と闘う子どもたち及びその家族を継続的に支援して、子どもたちが安心して治療に専念できるよう、平成29年度は下記3団体に合計500万円の支援させていただきました。

これからも、未来ある子ども達を笑顔にできるよう、JAIFAらしい支援を継続していきたいと考えておりますので、ご協力よろしくお願いいたします。

 

①公益財団法人 ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン

②公益財団法人 メイク・ア・ウイッシュ オブ ジャパン

③NPO法人 日本ホスピタル・クラウン協会

 

初めての試みとして函館年次大会会場にて贈呈式を挙行したことで、会員一人ひとりがハートフルファンデーション活動へ自らが加わっていることへの理解を深めてもらえる機会となりました。

 

◆LEDバッジによる募金活動報告(2018JAIFA年次大会in函館)

去る6月1日に開催された「2018JAIFA年次大会in函館」において、函館地区の「未来ある子どもたち」への福祉事業を目的とした募金活動(1,000円以上の協力をいただいた方へLEDバッジを差し上げる)を行いました。

実施の結果、2,234,600円が集まり、LEDの制作費699,840円を差引いた、1,534,760円の募金を函館市長へ目録贈呈を年次大会にて贈呈式として挙行しました。

ご協力いただきありがとうございました。

 

なお、LEDバッジに一部不具合がありましたことをこの場をお借りしてお詫び申し上げます。 

 

公益社団法人 生命保険ファイナンシャルアドバイザー協会
ハートフルファンデーション委員会

 

詳しくはこちらをご確認ください。

 

2018.7.10

台風第7号及び梅雨前線等による被害について 


被災地の皆さまには、まずもって心よりお見舞い申し上げます。 

西日本を中心とした記録的な大雨により、各地で土砂崩れや河川の氾濫が発生し、多数の死者や安否不明者が出ております。
また、避難生活をされていらっしゃる方もおります。
 

気象庁から発表されていた「大雨特別警報」はすべて解除されましたが、二次災害の無いように引続警戒されてください。 

ハートフルファンデーションでは、被災地域のコーディネーター、地方協会長と連携し、被災地への初動支援体制をとっていくことで連携をはじめております。 

今回の被災地域はかつてない広範囲に及んでおります。くれぐれも安全を優先されて下さい。 

ボランティア支援で被災地へ行かれる皆様、安全を充分確保の上ご対応いただきますようお願い致します。 


ハートフルファンデーション委員会 

 


 2018.05.22