公益社団法人生命保険ファイナンシャルアドバイザー協会 Japan Association of Insurance and Financial Advisors

公益社団法人生命保険ファイナンシャルアドバイザー協会 Japan Association of Insurance and Financial Advisors

Basic knowledge 危険選択

このページを
みんなにお知らせする

危険選択

保険会社は契約の申し込みに対し、その全てを無差別に受け入れるわけではありません。というのは、危険度の高い人々がすすんで保険に加入してきた場合、それによって保険事故発生率が予測を超えてしまい、保険事業に影響を与えてしまうからです。保険事故発生率は、危険の程度を合理的に予測したその範囲内にあることが保険事業の大前提です。生命保険が強制加入ではなく任意加入の保険として運営されるためには、保険会社が加入者全体の利益を守るために、加入者の危険度を評価した上で加入を決定しなければなりません。このことを危険選択といい、これは逆選択(自分に有利な契約を結ぼうとしたり、保険金や給付金などの不当に得ようとすること)の混入をできる限り排除した被保険者集団を作ることによって保険経営の安全性を確保するためです。

2021.04.01 (栗原)

生命保険の基礎知識トップへもどる

このページを
みんなにお知らせする

JAIFAに入会したい方へ

JAIFAの会員制度についてや入会方法についてご案内しております。
メールフォームでの入会も可能です。