公益社団法人生命保険ファイナンシャルアドバイザー協会 Japan Association of Insurance and Financial Advisors

公益社団法人生命保険ファイナンシャルアドバイザー協会 Japan Association of Insurance and Financial Advisors

Basic knowledge 特定疾病保障保険

このページを
みんなにお知らせする

特定疾病保障保険

特定疾病保障保険は、保険会社によって「三大疾病保障保険」「重大疾病保障保険」と呼ばれる場合もあります。三大生活習慣病といわれる「ガン」「急性心筋梗塞」「脳卒中」を特定の病気とし、これらの病気にかかり所定の状態になった場合、生前に死亡保険金と同額の保険金を受け取ることができます。

なお、脳卒中の場合は、60日以上の言語障害・運動失調・麻痺などの他覚的な神経学的後遺症が継続した時に支払われるなど、病気の程度などで支払要件が設けられています。保険期間は、一定期間の定期保険タイプと一生涯の終身タイプがあります。


この特定疾病保障保険は、この特定疾病保険金が支払われた時点で契約は消滅します。この保険が特約として付加されている場合には、この特約部分だけが消滅し、その他の部分は継続しますが、この特約保険料分だけ支払保険料が安くなります。


なお、特定疾病保険金を受け取らずに死亡したときは、死亡保険金が支払われます。

2021.04.01 (栗原)

生命保険の基礎知識トップへもどる

このページを
みんなにお知らせする

JAIFAに入会したい方へ

JAIFAの会員制度についてや入会方法についてご案内しております。
メールフォームでの入会も可能です。